「Web Matrix2」の使い方&ローカル環境にWordPressを構築する方法

2013.4.8|インストール&設定

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

 

 

 

WordPressをカスタマイズしていくと、テスト環境の確保が重要になってくると思います。

できれば公開サーバー上ではなく、ローカル環境でテストしたいものです。

ローカル環境Wordpressインストール&テスト可能なソフトの1つ「Web Matrix」を使ってみました。

 

Web Matrix2」でできること

ローカルPC内にウェブサーバーを構築できる

まず、PC内にウェブサーバーを構築する事ができますので、実際のブラウザを使った動作確認や表示確認を行うことができます。

ローカルPC内にWordpressを構築できる

ローカルPC内にWordpressインストールできます。Wordpressの構築に必要なMySQLとPHPも同時にインストールしてくれます。

公開サーバーと同期できる

公開サーバーと関連づけて同期する事ができます。

特に、データベースの同期も出来ますので、テーマや画像ファイルのだけでなく、記事の中身などのも同期可能です。

他の主要なCMSもインストールできる

WordPress以外でもDrupal・Joomla・Geeklog・CE-CUBE・OpenPNEといった主要なCMSをインストールする事ができます。

特に、和製CMSであるEC-CUBEインストールできるのが特徴です。

高機能PHPエディターCSSエディターとして活用できる

入力支援機能が優れたPHPエディターCSSエディターとして活用もできます。

先頭の文字を入力したり、改行したりするだけで入力候補をリスト表示してくれます。

編集の効率化と入力間違い防止に効果を発揮します。

 

Web Matrix2」のインストール方法

MicroSoftのWeb MatrixサイトからWeb Matrixをダウンロードします。

http://www.microsoft.com/japan/web/webmatrix/learn/

 

今すぐダウンロード」をクリックします 。

webmatrix_install1

 

Get the Web Platform Installer」のボタンをクリックします。

webmatrix_install2

 

実行の許可を求めるダイアログが表示されますので「実行」をクリックします。

webmatrix_install3

 

WebMatrixのインストール画面が表示されます。「インストール」をクリックします。

webmatrix_install4

 

同時にインストールソフトウェアの一覧が表示されます。特に変更する必要はありませんので、ライセンス条項をご確認のうえ、[同意する] ボタンをクリックします。

webmatrix_install5

 

インストール完了です。

webmatrix_install7

 

「Web Matrix2」でWordpressインストール

Web Matrixを起動します。

 

アプリギャラリー」をクリックします。

webmatrix_kidou

 

WordPressは英語版と日本語版の2つがありますので注意してください。

日本語版である「WordPress Japanese Package」を選択し「次に進む」をクリックします。

webmatrix_galally

 

WordPress Japanese Package」の画面になりますので「次に進む」をクリックします。

webmatrix_wordpress

 

ライセンス同意画面になりますので、条項を確認の上「同意する」をクリックします。

webmatrix_wordpress2

 

パラメーター入力画面になります。WordpressとあわせてMySQLPHPインストールも行うことになります。

特に指定がなければそのままで「次に進む」をクリックします。

webmatrix_wordpress3

 

インストール完了画面になります。「OK」ボタンをクリックします。

webmatrix_wordpress4

 

ブラウザにWordpress初期設定画面が表示されます。

必要事項を入力すれば完了です。

webmatrix_wordpress5

 

「Web Matrix2」の使い方

Web Matrixを起動します。

 

サイトを開く」をクリックすると、下記のようなポップアップが表示されますので、「個人用サイト」を選択します。

webmatrix_kidou_2

 

先ほど作成したWordpressサイトが表示されますので、クリックします。

webmatrix_kidou_3

 

こちらがホーム画面です。

主に左メニューの「サイト」「ファイル」「データベース」「レポート」から構成されています。

webmatrix_kidou_4

 

ファイル」メニューです。

編集したいファイルをダブルクリックするとメインにファイルが表示されます。

webmatrix_kidou_5

 

PHPファイルを開くと、そのままエディターとして活用できます。

下記のように先頭の文字を入力すると、入力候補を自動的に表示してくれます。

入力したいものをダブルクリックすると入力することができます。

スペル間違いがなくなり、効率的に記述することができます。

webmatrix_kidou_7

 

CSSファイルもそのままエディターとして活用できます。

こちらも自動的に入力候補を表示してくれますので、編集が効率的になります。

入力候補をクリックすると、ポップアップで意味を表示してくれますので、CSS編集初心者に強い味方です。

webmatrix_kidou_8

 

データベース」メニューです。

左メニューからWordpressインストール時に作成したデータベースを展開していき、「テーブル」を開くと、データベースの内容を確認することができます。

webmatrix_kidou_6

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


インターネット・コンピュータ ブログランキングへ

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。

トラックバックURL