WordPressをマルチサイト化する際に注意するべきこと

2013.1.30|インストール&設定 トラブル解決法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

 

 

 

先日、ロリポップサーバーでのWordPressマルチサイト&マルチドメイン設定でも書いたように、素人ながらマルチサイトの設定を行い、しばらく運用したり、テストしたり、勉強いてみました。

 

が、ここまでやってきた中で、本当にマルチサイト化した事によって困った事がいくつか出てきました。

これから検討している方はご参考にして頂ければと思います。

 

マルチサイトでの困ったこと・デメリット

 

 

 

マルチサイト化した場合、「ネットワーク管理者(特権管理者)」と「サイト管理者」と2段階の管理者権限が出てきます。

そのため、ネットワーク管理者にできてサイト管理者ではできない事がいくつかあります。

その1つがプラグインのインストール&削除です。

 

実際にサイトでプラグインが必要になり、インストールする際は、

ネットワーク管理者のダッシュボード」→「プラグインをインストール」→「サイト管理者のダッシュボード」→「プラグインの設定

という手順を踏まなければなりません。

 

この「ネットワーク管理者のダッシュボード」」と「サイト管理者のダッシュボード」の行き来が、やってみるとかなり面倒なのです。

 

また、プラグインを削除する際、ネットワーク管理者から見ても、削除しようとしているプラグインがどのサイトで使われているのかわかりません。

実際に使われていても削除できてしまいます。

 

 

  • マルチサイトに対応していないプラグインが結構ある

 

例えば、「Google XML Sitemaps」。こちら、最新版でも対応しておらず、本家サイトからベータ版をダウンロードして手動インストールという方法で何とか解決しました。

こちらは何とかなった例ですが、定番と言われるプラグインでも、マルチサイトには全く対応していないものがいくつかありました

 

プラグインが対応していない事自体も困るのですが、もっと困るのは、プラグインが思ったように動作しなかった際、

 

使い方が間違っているのか?

設定が間違っているのか?

プラグイン自体の問題なのか?

サーバーの問題なのか?

 

などと問題の切り分けが大変になってしまうという点です。

 

こちらは私の知識の無さが最大の問題なのかもしれませんが。

 

 

  • テーマの一元管理はあまり意味がない(かも)

 

ネットワーク管理者にできてサイト管理者ではできない事のもう1つが「テーマのインストール&削除」です。

最初は「これは便利だ!」と素人ながらに思ったのですが、よく考えると「テーマ」って複数サイトで共有する場面はほとんど無いと思います。

 

例えば、「function.php」に追記する内容は、基本的にサイトごとに異なると思いますし、

むしろ、共有した場合、誤って編集してしまい、トラブルになってしまうケースがあると思われます。

 

また、テーマを共有した場合、Faviconもそのままだと同じものになってしまいます。

(こちらは解決策があるのだとは思いますが。。。)

 

悪い事ばかり書いてしまったようですが、もちろんメリットもあります。

結局は目的に合わせて使い分けるという事でしょうか?

 

 

以上を踏まえ、私なりにまとめてみました。

 

 

【マルチサイト化してできること】

  • 1つのWordpressで複数サイトを管理
  • プラグイン・テーマWordpressのバージョン一元管理
  • 「ネットワーク管理者(特権管理者)」と「サイト管理者」と2段階の権限管理

 

【ネットワーク管理者(特権管理者)にしかできないこと】

  • 新規サイトの登録&削除
  • 新規ネットワークの登録&削除
  • プラグインのインストール&削除
  • テーマのインストール&削除

 

【こんな人におすすめ】

  • プラグイン・テーマWordpressは最新バージョンにこだわる方
  • システム(ネットワーク)管理者と運営管理者が別々にいる場合
  • サーバーの仕様などでWordpressを複数インストールできない場合

 

【こんな人は注意】

  • 管理者と運営者が同じ場合(あまりメリットがありません)
  • 新しいプラグイン・テーマを試すのが好きな方(ダッシュボードの行き来が面倒です)
  • リスク分散したい方(マルチサイト化には、1データベース・同一ディレクトリが条件です)
  • 人気サイト・ブログ運営者(マルチサイト化には、1データベース・同一ディレクトリが条件です)

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


インターネット・コンピュータ ブログランキングへ

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL